【稽古の流れ】
桑野空手教室での稽古内容は概ねその時のメンバーや人数、レベルに合わせて その日のテーマ を決め進めていきます。

稽古は スキルアップ(技術向上) フィジカルアップ(体力向上) の為の ドリル を通して メンタルアップ(精神力向上) を促すという流れです。

先生や先輩達が生徒達一人ひとりの問題点や修正点を的確に指摘をして道場が一丸となってのレベルアップを目指しています。

稽古はあくまでも本人の自主性を尊重しますので、無理矢理何かをやらせるということはありません。


稽古風景動画


《稽古の種類》

【準備運動】

怪我を防ぐ為に各関節をストレッチさせるとともに身体を暖めて動きやすい状態にします。



【基本稽古】

基本はその場で行う練習で、手技と足技から構成されています。

この段階で 力の基本的な運用法・バランス感覚・身体の締めかた 緩めかた・各関節の働き等に対する理解度を高めていきます。



【移動稽古】

基本稽古で習得した各種技法に歩法を加えた練習になります。

空手も他のスポーツでも自分と相手との距離感(間合い)が 勝負を決する為のとても重要な要素になります。

移動稽古を通して自身と相手との角度・距離(間合い)の詰め方、外し方の基本的な概要を学び、また自身と相手との距離(ストロ-ク)を各種歩法で移動することで基本技に体重移動(シフトウェ-ト)をプラスして技の重みをアップさせていきます。



【型】

型は空手の理論であり根幹になります。先人の方達の知恵の結晶が詰まった空手の設計図です。

本来の空手の稽古は型を鍛練するだけであったという話もあります。型の要素を分割学習する為に移動稽古が考案され、更に細分化されて基本稽古が作られたと言われています。

型を学習することで空手への見識、理解度がとても深くなることでしょう。



【約束組手】

初心者の方が最初に取り組む対人練習になります。

技や状況を限定することにより技を当てたり受けたりする為の勘や反応・間やタイミングを養います。

基本からの一連の稽古で育ててきた技を生きた技にする為のとても重要な稽古になります。



【組手】

組手稽古でより実戦に近い状況で実際に相手と戦うことで実戦の勘を養うことができます。

昔から「型と組手」は空手の両輪と呼ばれてきました。
型で理論・理念を学び、組手稽古を通してそれらを実践していく為の方法を学習します。

カーレースで例えると技術者の方達が苦心して最高のマシンを完成させても、そのマシンのポテンシャルを十分に活かせないような未熟な者がドライバーではレースで勝つことはできません。

最高のマシンを完成させる工程が型稽古(基本稽古・移動稽古を含む)であり、ドライバーとしての腕を磨く為の練習が組手稽古(約束組手を含む)だと理解して頂くと解りやすいと思います。



【局部鍛練】

巻き藁や砂袋を突いたり蹴ったりすることで拳足を鍛え上げる為の稽古になります。

どんなに素晴らしい名刀でも闘った時に折れてしまっては役に立ちません。空手家にとっての拳足は武器ですから、刃こぼれを起こさないように鍛え上げる為の鍛練法です。

この鍛練法はとても痛みを伴いますので、堤下空手教室では各人の自主性に任せています。



【補強】

腕立て伏せであったり、スクワット、腹筋、背筋、ランニング、縄跳び等の身体を鍛える為のトレーニングです。

人間の身体は20歳を過ぎると日に日に細胞が減っていくと言われていますので、健康維持の為にも自分に合ったレベルでの無理のない補強運動をされるといいのではないかと思います。



【ギアトレーニング】

キックミットやストライキングミットを蹴ったり、打つトレーニングになります。

ギアは思いっきり突いたり蹴ったりができますので、とても気持ちよくストレス解消になることでしょう。
実際にモノを叩くと抗力(反発力)がありますから、最初はなかなか上手に叩くことができないかもしれませんが、打っているうちにだんだんとコツが解り強く打てるようになってくることと思います。

     

    【昇級審査】

昇級審査は秋と冬に行われ 日頃の稽古態度、出席率、心技体のレベルを指導者が吟味したうえで受審資格が与えられます。

審査会は日頃からの稽古の成果を試すよい機会ですので頑張って受審され 是非合格を目指して下さい。合格して新しい色帯を締めることで気持ちが引き締まり、モチベーションがアップすることでしょう。






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ